水道の水漏れが起きる原因と対処方法とは?

水漏れが起きたときの対処方法

突然の水漏れ、蛇口を閉めても水が止まらない状況に陥ってしまうと、パニックになってしまう人も多いことでしょう。しかし、事前にそのような場合の対処方法について把握しておけば、応急処置をし、原因を見つけて、自分で修理できるものなのか、もしくは業者へお願いすべきなのか冷静に判断することができます。

もしも、水漏れが起きてしまったら、水道の元栓を止めましょう。水が流れ続けてしまう状況を、一時的ではありますが食い止めることができます。

蛇口の水漏れはパッキンの破損か蛇口の破損が多い

水道の元栓を止めたら、水漏れの原因を探っていきましょう。蛇口の水漏れの原因として多いものは、パッキンの破損もしくは、蛇口の破損の2つです。

使用されている蛇口のパッキンの種類にもよりますが、パッキンであれば、ホームセンターなどで数百円で購入することができます。パッキンを新しいものに交換しても水漏れが直らないようであれば、蛇口自体の破損の可能性が高くなります。

パッキンを交換しても水漏れが止まらない場合は?

パッキンを新しいものに交換しても、まだ水漏れした状態であれば、次に考えられるのが蛇口自体の破損です。長年使っていると、老朽化により蛇口も破損しやすくなります。見た目でもわかるような蛇口の破損であれば、蛇口自体の交換を行えばよいです。

しかし、必要な部品がすぐに手に入らなかったり、自分で交換して直すことが難しいと感じた方は、水道の修理のプロに連絡を入れて対応してもらいましょう。

蛇口の水漏れが起こる前に、老朽化で破損しやすいパッキンを交換しておくことも水漏れを未然に防ぐことにつながります。いずれにしても落ち着いて対応しましょう。

蛇口回りの目で見える水漏れは簡単に分りますが、それ以外の隠れた配管部分等は分かり難いです。そこで素人でも発見できる方法は、水道メーターに付いているパイロット(小さな回転羽根)の動きを確認する方法です。