キャリアでスマートフォンを契約している場合の修理

近所にキャリア店舗がある場合は持ち込みがおすすめ

大手携帯電話会社(キャリア)のスマーフォンを長期にわたって使っていると、突然故障してしまうケースや電池が劣化して使えなくなるケースも出てきます。その際に活用出来るのが、多くの市区町村に設置されているキャリア店舗への持ち込み修理依頼であり、数十分~1時間程度で依頼が完了します。店舗スタッフへは、窓口で故障した端末を提示して故障した状況を説明し、端子部分の水濡れチェックなどをスタッフが行ってから修理受付が可能かを判断します(修理費用は無料~数万円の範囲)。

水濡れが起きている場合は修理不可の場合もあるので、その際は端末を交換する必要がありますが、補償サービス(1か月の料金は500円程度)に入っていれば数千円の自己負担でリフレッシュ品への端末交換が出来ます。なお、修理期間は一般的に2週間弱となっており、その間は店舗が用意している代替端末をレンタルする事が可能です。

故障品を送付する事で修理してもらえます

近くに店舗が無い場合や日中に店舗に行く事が出来ない人向けのサービスは、キャリアの端末修理を行っている工場に送付して修理を受け付けてもらう方法があります。キャリア公式サイトの修理依頼ページから申し込めば、数日後に代替端末が梱包された段ボールが自宅に届き、その段ボールを使って故障端末を工場に送付します(修理期間は店舗持ち込みと同等です)。このサービスは、ホームページ以外にも専用ダイヤルに掛ける事で修理依頼が行えるので、自分に合った申し込み方法を選びましょう。

Galaxyの修理をするには街の修理業者に持って行くのが安心です。現物を見てもらえるので、見積もりが正確です。