サイトM&Aにおけるメリットとデメリットとは?

サイトM&Aのメリット

サイトM&Aとは、企業や個人が運営するWebサイトを売却する行為を意味しています。何となくメリットが大きいイメージがあるものの、良いことだけではありません。デメリットもいくつかあるようです。そこで今回は、サイトM&Aのメリットやデメリットについて見ていきましょう。

まずメリットについてですが、運営しているWebサイトを売却することによって、一定の収入が得られるという点が挙げられます。これはサイトを売却する側の最大のメリットだと言えるでしょう。特定分野において様々な情報が網羅されている大規模なWebサイトであれば、数百万円単位で売れるケースもあるようです。また、Webサイトの各コンテンツを更新したり、新たに記事を追加したりする必要が無くなるため、他の事業や作業に集中しやすくなるというメリットもあります。複数分野のサイトを運営している場合、特定の分野に集中することで、将来的に大きな成果を期待できるかもしれません。

サイトM&Aのデメリット

一方、サイトM&Aにはどのようなデメリットがあるのでしょうか。まず第一に挙げられるのが、定期的に獲得していた収入が無くなることです。Webサイトを売却することによって、広告収入などの継続的な収入がゼロになります。サイトを売ることによる一時的な収入と比較し、どちらの方が利益が大きくなるのかをしっかり考えることが重要です。またサイトの売却にあたって、いくつかの手続きが発生するというデメリットもあります。

サイト売買による買い手のメリットは、時間と手間、人件費をかけずに完成されたサイトを使える点にあります。そして売り手のメリットは、自分の持っている技術を最大限に生かして利益を得られることです。