小陰唇肥大の改善方法として手術を選ぶメリット

簡単に小陰唇縮小ができる

小陰唇肥大を簡単に改善する一番の方法は小陰唇縮小手術を受けることです。手術と言っても入院の必要もなく日帰りで受けることができます。溶ける糸で縫合してもらえば抜糸も必要ありません。通常の仕事や学校であれば翌日から復帰することができるので、周囲に疑われることもなく手術を受けることが可能です。自転車やバイクは、2週間程度の制限がありますが、長期間悩むことを考えれば手術を受けるメリットは大きいでしょう。

左右差を整えることができる

小陰唇の形は個人差がかなりあります。普段は人に見せる部分ではありませんが、個人的にコンプレックスを持っていたり、彼氏ができたりすると気になるものです。小陰唇肥大だけでなく、左右の形の違いや大きさの違いも悩みの原因となります。小陰唇縮小手術では、小陰唇の左右の形の違いや大きさの違いを整えることができます。左右同じ大きさにでき、自分の体に自信をもつきっかけとなるでしょう。

色素沈着を改善できる

小陰唇肥大の症状がある場合、小陰唇が椅子や自転車の座席などに擦れることが多く、色素沈着を起こしやすいです。小陰唇の色が黒ずんでいることで、性交渉の頻度が高いと誤解されたり、遊んでいる女性というイメージをもたれたりします。女性にとってプラスになることは、ほとんどありません。小陰唇縮小手術を受ける時に、色素沈着がひどいところを中心に切開してもらえば、手術後色素沈着も改善することができます。皮膚の色に近いきれいな小陰唇を手に入れることができますよ。

小陰唇 手術は、女性医師が完全個室で施術してくれる医院があります。手術について迷っている方は相談にも応じてくれます。来院が恥ずかしいと思っている方にはメールでも相談を受付けているそうです。