CADにはどのような利点があるか?また、CADの当初機種と現在機種の差は?

CADの基本的な概要

設計業務を行う時に、図面を引くことが基本になります。CADが出る前の図面引きは、全て、人の手で描かれる「手描き」でおこなわれいました。
CADとは一般に、「ComputerAided Design」の略、つまり「コンプュータによる設計支援」であり、作業員を「手描き」から解放するものです。
一般に、手描きよりも、CADを使った図面引きの方が、「楽」で「正確」で「迅速な作業が可能」です。
従って、手描きに頼っていた設計業務を持つ、製造業の機械設計図作成業務でも、建設業の建築物設計図作成業務や土木構造物設計図作成業務、さらには、都市計画や交通体系、自然科学の天体図、微小物質の構造図など、あらゆる設計業務、作図業務で普遍的にCADは、利用される様になりました。

CADの当初の利便性と現在の利便性

CADが使われ始めたころは、現在では考えられないくらい、CADシステムの単価がたかい状態でした。また、そのハード部分となるパソコンも同様に高価な時代で、一般に、法人がリース契約で導入する形態が殆どでした。システムとしての価格が、数百万円ということも一般的でした。
また、パソコンの機能とともに、CADソフトが未発達であり、利用中に頻繁にフリーズしてしまい、バックアップを取る手間も、極めて頻繁にする必要に迫られることもありました。
現在、パソコンの機能充実と低価格化や、CADソフトの進歩・低廉化により、システムを15万円程度で動かせることも可能になり、個人購入で、自宅や社宅等に持ち帰って、作業を継続する人もでてきています。当然、フリーズを起こす頻度も改善されて、ごく稀な程度か、殆ど見かけることが無い程度になりました。

水道CADを使うことで、水道工事に必要な配管図面や申請書類を早く、キレイ、カンタンに作成することができます。