膣のゆるみはどうしたら改善できる?原因と方法

お風呂から出たら膣から水が流れ出た!?

お風呂から出てしばらくしたら膣から水が漏れ出てきて気持ち悪い経験をした事があるという方は多いのではないでしょうか?これは膣のゆるみが関係しています。膣のゆるみは骨盤底筋の筋力低下が原因であり、多くの女性が悩んでいる問題です。膣のゆるみによって様々な健康被害が報告されており腰痛や尿漏れ、便秘など日常生活に支障をもたらしている場合もあります。

骨盤底筋群のトレーニングで症状の改善を!

この膣のゆるみについては、骨盤底筋の筋力低下が原因であると先程述べましたが改善方法としては骨盤底筋群の筋力アップのトレーニングが効果的です。簡単にできるものでは、足を肩幅くらいに広げて椅子に座り、力を抜いてゆっくりお尻の穴を締めて5秒間キープします。これを5回繰り返して1セットとします。1日に4~5セット行うことで簡単に骨盤底筋群のトレーニングが出来ます。横になって行うトレーニングでは仰向けに寝てお尻を浮かして3秒間キープするという運動があります。これは3秒間を10回繰り返し行うことで効果的な練習になります。

1番大切な事は習慣を直すこと!

骨盤底筋群のトレーニングを中心に紹介してきましたが、基本は日常生活での習慣を直していく事が1番大切です。足組みや前屈みの姿勢などに注意し、脚を開いて座らない、適度に運動するなど日常の1つ1つの所作を見直しながら少しずつ改善していくものです。骨盤底筋群のトレーニングと同時にあなた自身の日常生活の動作を見直す事で骨盤底筋の強化に繋がっていくのではないでしょうか?

膣トレを行う前に膣圧測定で数値を明確にしておくことで、どれだけの効果が上がったかを明確に知る事が出来ます。