LEDの電球はあるけどLEDの丸形蛍光灯を見かけないのはなぜ?

従来の蛍光灯のシステムにLEDが合わない

LED電球は見たことがあるけど、LEDの丸形蛍光灯は見たことがないという人は少なくないでしょう。なぜ、LEDの丸形蛍光灯は店頭に存在しないのでしょうか。

まず、LEDの丸形蛍光灯は製造されていないというわけではありません。たとえば、オンラインショップで検索をしてみればいろいろなメーカーから発売されていることがわかるでしょう。ただ、数はあまり多くない上に従来の丸形蛍光灯と比べるとかなり高価です。なぜそういった状況なのかというと、蛍光灯のシステムに理由があります。

現在、国内の丸形蛍光灯は安定器と呼ばれる器具を通じて接続されることが多いです。安定器というのは、家庭用の電源を安全に蛍光灯に送る仕組みになっています。しかし、LEDの照明器具は基本的に安定器を通す必要がありません。そのため、従来の丸形蛍光灯からLEDの丸形蛍光灯に交換すると、わざわざ不必要な安定器を通す形になります。するとLEDの省電力というメリットが薄くなってしまうので、大手メーカーはあまり積極的に製造しないのです。

今後はやはりLED照明が主流になる可能性が高い

しかしながら、将来的にはやはりLED型の蛍光灯が主流になる可能性あります。安定器を取り払ってしまい、LEDに合わせた工事を行えば、LEDの蛍光灯は省電力、長寿命というメリットを発揮するからです。従来の蛍光灯をLEDのものに変えたいという理由だけで工事を行うのはなかなか大変かもしれませんが、今後、新築住宅がLEDの照明器具を使う前提で建てられれば、いずれは蛍光灯がLEDのものへと置き換えられていくでしょう。

LEDライトパネルは、内照式フレームの光る掲示板であり、光るポスターです。駅や空港やショッピングモール等で見かける広告用看板から、お店の中の壁でも利用できる優れものです。販促や集客等で大活躍します。