処女膜強靭症って?症状と治療方法を紹介!

処女膜強靭症ってどんな病気なの?

膣の外側にある粘膜のことを処女膜と呼びますが、その形は人によって様々です。通常処女膜はとても柔らかく、最初の性行為の時に破ける場合がほとんどです。けれども、人によっては処女膜が厚く硬く、簡単に破けない場合があります。この状態こそが、処女膜強靭症です。処女膜強靭症は生まれつき処女膜が破けにくいため、性行為の時に痛みが走ります。また出血を伴うこともあるため、次第に性行為そのものに恐怖心を感じるようになってきてしまいます。

処女膜強靭症の治療方法

処女膜強靭症は生まれつき処女膜が硬く、厚いため破けにくい状態です。そのため治療する場合は、処女膜の切開手術を行います。手術は婦人科形成外科などで受けることができます。手術の際は痛みと出血を抑えるために麻酔を打ちますが、局所麻酔の場合が多いです。ただし人によっては静脈麻酔を使う場合もあります。手術時間そのものは30分程度。シャワーは手術当日から可能な場合が多いです。ただし手術後しばらくは出血や痛みを伴うこともあるので、あまり無理はしないようにしましょう。

処女膜強靭症はアフターケアが重要

処女膜強靭症そのものは、切開手術で治療することが可能です。けれども、処女膜強靭症の治療で本当に重要なのは、手術後のアフターケアです。特に処女膜強靭症で何度も性交痛を経験している場合、性行為そのものに対して恐怖心を感じてしまい、行為そのものを避けるようになってしまいます。そのため、処女膜強靭症の手術を終えた後は、カウンセリングなどを通して性行為に対する恐怖心を軽減させていきます。性行為に対する恐怖心が少なくなり、満足のいく性行為ができてはじめて完治といえるでしょう。

処女膜強靭症とは、処女膜が通常よりも厚くなり、リング状に硬くなってしまう症状です。処女膜が破れないため、初体験以降もセックス時の痛みがずっと続く女性の大きな悩みとなっています。